まんがの楽園「まんパラ」!

まんがパラディーソ

【鬼滅の刃】最新話ネタバレ&感想!

【鬼滅の刃】98話の最新話ネタバレ考察や感想は?新たな刺客!?

更新日:

鬼の中でも超強敵である
上弦の鬼・堕姫と妓夫を倒した
炭次郎達!!

まさかあれだけの激闘を繰り広げるなんて、
最初のころは想像もしていなかった!

途中何度も「宇髄はやられたの?
伊之助は大丈夫!?」「善逸はまだ
寝てるの!?!?」と気になること
だらけでしたが、無事に勝つことが
できて本当い良かったです!!

炭次郎は堕姫と妓夫の最後を
見届けていましたが、禰豆子のいる
炭次郎ならきっと想いが理解
できたはず。

今回の戦いで大きな経験を得る
ことができた炭次郎達。

が、無惨のほうでは不吉な動きが…

またも新しい激しいバトルが勃発
しそうですが、一体どうなっていくのか!?




スポンサードリンク



【鬼滅の刃】今までのあらすじ!

炭次郎達は上弦の鬼である堕姫
妓夫を倒す為に、超が何個も付く
激闘を繰り広げる!

堕姫と妓夫を倒すには、
二人同時に首を切らないと
いけないという難しさ!

炭次郎と宇髄は妓夫と戦い、
善逸と伊之助は堕姫を
相手に戦います。

押して押されての接戦の中、
途中、戦えるのは炭次郎だけという
究極のピンチに見舞われる!?

それでも炭次郎は諦めずに、
妓夫の首を切り落とすために
チャンスを狙います。

しかし、やっぱり炭次郎一人では
厳しい状況で、逆にやられそうに
なった時、再び宇髄や伊之助、
善逸が助っ人で登場!

猛毒を食らい、片腕を失っても
戦える宇髄がすごいですが、心臓を
貫かれても戦える伊之助がすごすぎる!

これがラストチャンスといわんばかりに
食らいついた4人は、とうとう堕姫と
妓夫の首を同時に切り落とすことに成功します!

やっと長かった戦いに終止符を
打つことができた炭次郎。

が、戦いに勝っても妓夫の猛毒が
炭次郎達の身体を襲います!

さらに、首を切ったはずの妓夫の身体から、
なんと大量の円斬旋回が発動する!?

自爆技とも思える大攻撃を食らいながらも、
意識を取り戻すことができた炭次郎。

どうやら禰豆子が体の猛毒を
消してくれたみたいですね!

さらに禰豆子は同じく猛毒で苦しむ
伊之助と宇髄も助けてくれます。

禰豆子の奇跡に驚く宇髄!

今回の戦いでは煉獄の時とは違い、
みんな生き残ることができましたね!!

炭次郎達の活躍は、すぐさま
耀哉様の耳にも届きます。

その知らせを大いに喜ぶ耀哉様。
ただ弱っているその身体は
かなり心配ですが…

その頃、無惨無限城
呼ばれる他の上弦の鬼。

大きな戦いが終わったと思いきや、
すぐさま次の刺客が現れそうな
展開ですが…

果たしてどうなるのか!?

【鬼滅の刃】98話の最新話ネタバレ考察や感想は?新たな刺客!?

しかし本当にすごい戦いでしたね!

少年ジャンプでは色んなバトル漫画が
連載されていますが、首を同時に切らないと
倒せない設定って結構レアなのでは!?

それでも炭次郎達は全力を尽くして、
上弦の鬼である堕姫妓夫を倒します。

が、その代償も大きく、宇髄は片目と
片腕を失ってしまい、を引退すると宣言。

一体誰が穴を埋めるという話になりますが、
それは今回の戦いで活躍してくれた
炭次郎達でしょう!

まだまだ秘められた潜在能力があるので、
彼らはもっと強くなります!!

その頃、無惨の無限城に集められた上弦の鬼。

おそらく堕姫と妓夫が倒されたことを
知らされるのでしょう。

無惨、かなり機嫌が悪そうですね…

このまま何もせず黙っているわけがないので、
すぐにでも反撃してくる可能性があります。

しかも倒されたのが上弦の鬼なので、
今度はもっと強い刺客をよこすはず!

もしそうなった時、激闘を終えた
炭次郎達は対抗することができるのか!?

詳しい展開がわかり次第、
追記させて頂きますね!

スポンサードリンク



【鬼滅の刃】98話の最新話ネタバレ考察や感想は?新たな刺客!?まとめ

今回の戦いで、まだまだ秘められた
力があることがわかった炭次郎

しかも、炭次郎には無惨も恐れる
秘密が隠されていそうですね!

柱の宇髄は引退してしまうでしょうが、
その分、これから炭次郎達が
活躍してくれるはず!

どんな成長を遂げていくのか楽しみです☆

【次回の鬼滅の刃 99話の最新話ネタバレ考察!】
「【鬼滅の刃】99話の最新話ネタバレ考察や感想は?上弦の玉壺!」
【前回の鬼滅の刃 97話のネタバレ!】
「【鬼滅の刃】97話の最新話ネタバレ考察や感想は!?」




スポンサードリンク



-【鬼滅の刃】最新話ネタバレ&感想!

Copyright© まんがパラディーソ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.