まんがの楽園「まんパラ」!

まんがパラディーソ

【東京喰種:re】最新話ネタバレ&感想!

東京喰種:re!159話の最新話ネタバレ考察や感想!?深淵の果て!

更新日:

になった金木を取り戻すために、
力を合わせることになったCCG喰種達!

六月の来襲などがありましたが、
一歩ずつ着実に金木へと進んでいる
トーカ達。

その頃、不思議な世界で目を覚ました金木。

誰もおらず、出口もない世界で
パニックに陥る中、突然目の前に
現れたのはリゼ

リゼは何もかもの原因は金木だと言って、
精神的に金木を追い詰める。

「初めから何もしなければ良かったのに」

と言い放つリゼ。そして自分のせいだと
ひどく後悔する金木。

果たして金木はこの世界から抜け出し、
もう一度トーカ達に会うことが
できるのでしょうか!?




スポンサードリンク



東京喰種:re!159話の最新話ネタバレ考察!今までのあらすじ!

金木本人を探していたトーカ達は、
突然六月の来襲にあってしまいます!

あわやトドメを刺されそうになった所で、
六月と同じクインクスの瓜江と
才子が登場!

間一髪のところでトーカは助かります。

久しぶりに再会した瓜江、
才子、六月でしたが、六月は
相手が誰であろうと容赦は
しないと言い放つ!

そして赫子を使って瓜江と
才子に激しい攻撃を浴びせます!

しかし、瓜江と才子は六月を止める為に
あえて戦わず、激しい攻撃を生身で
受け止めます。

それを見て動揺する六月。

何度攻撃しても、2人は赫子
出さずに攻撃を受けるだけ。

戸惑う六月はとうとう赫子を消して、
戦うことを諦めます。

そして今までのことを悔やみ
「すいませんでした」と謝ると、
今度はそのままナイフで命を
断とうとする!

すかさず才子が止めに入り、
間一髪のところで助けられた六月。

才子と瓜江は自分達の想いを六月に伝え、
六月も本当の自分の想いに気づいて
和解することに成功します!

その頃、不思議な世界で
目を覚ました金木研

同じ風景が無限に続く世界で
目を覚ました金木は、必死になって
みんなのところに戻ろうと出口を探す。

しかし、この世界から出れるような
出口がまったく見つからない!

代わりに、久しぶりにリゼの姿を
見つけた金木。

「どうしてここにリゼさんが?」

と不思議がる金木に、リゼは何がしたいのか
金木に聞きます。

金木は早くみんなのところに戻って
戦いを終わらし、そして人間と喰種が
共存できる世界を作りたいと話す。

それを聞いて鼻で笑うリゼ。

金木のせいで多くの人が巻き込まれ、
そして犠牲になったと話し、その惨状を
金木に見せます。

うろたえる金木に対し、
「何もしなければ良かったのに」
と話すリゼ。

金木はかなり動揺していますが、
この世界から抜け出して、みんなの
ところに戻ることはできるのか!?

東京喰種:re!159話の最新話ネタバレ考察や感想は!?深淵の果て!

金木を精神的に追い込んでいくリゼ。

金木にどうしたいのか?と聞く前に、
リゼも何がしたいのか?とツッコミ
たくなりますよね!

一体、リゼがまだ現れる理由とは何なのか?

金木とリゼがいる世界は現実では
無さそうですが、ここで金木がパニックに
なれば現実世界も危なそうですよね…

何とかして何事もなくこの世界から
抜け出して、みんなのところに戻って
ほしいのですが、果たして可能なのか?

それともリゼの出現によって、金木は
からさらに進化してしまうのか!?

そうなってしまっては、もう指輪を
探そうが何をしようが、金木を助ける
ことは難しくなりそう。

どんな展開が待ち受けているのか、
詳しい詳細がわかり次第、追記
させて頂きます!

スポンサードリンク



東京喰種:re!159話の最新話ネタバレ考察や感想は!?深淵の果て!まとめ

久しぶりのリゼの登場と、リゼから
聞かされた現状を知ってパニックに陥る金木

こんな状況では、謎の世界から抜け出すのは
まだまだ難しそうですね…

現実世界ではトーカ達が必死になって
金木を探していますが、見つけたところで
金木の意識が戻ってこなさそうです。

それとも金木が自分自身を克服して、
再び本当の世界で目を覚ますのか?

どんな展開になるのか気になるところですね!!

【次回の東京喰種:re 160話の最新話ネタバレ考察!】
「東京喰種:re!160話の最新話ネタバレ考察や感想は!?罪の海!」
【前回の東京喰種:re 158話のネタバレ!】
「東京喰種:re 158話の最新話ネタバレ考察と感想!リゼの目的!」




スポンサードリンク



-【東京喰種:re】最新話ネタバレ&感想!

Copyright© まんがパラディーソ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.